Work flow 

装幀のみや本文はフォーマットのみなど、お客様のご要望に応じて様々な形で承ります。
また、会報誌や社内報などの冊子や雑誌など、エディトリアルも承ります。

まずはお問い合わせください。

まずは、お問い合わせフォームメールで、お気軽にご連絡ください。

お打ち合わせについて

対面でのお打ち合わせ、ZOOMを利用してのお打ち合わせなど臨機応変に対応いたします。ご依頼いただく商品の概略と、お困りごとなどお聞かせください。スケジュールやご予算などの実質的なこと、また、ご要望がございましたらお知らせください。資料などもございましたら合わせてご提示ください。

お⾒積りについて

お見積もりが必要の場合は、初回の打ち合わせ以降でお⾒積りを提出いたします。出版の制作物ではすでに予算が決定している場合が多いため、ご提示の⾦額で対応させていただくことがほとんどですが、制作過程での突発的な変更などの事項が起きた場合には追加料金が発生する場合があります。その場合を除きご予算の範囲内で可能なかぎりの対応をさせていただきます。

初回デザイン制作へ

初回のお打ち合わせの内容をもとに、たたき台となるデザインを何点か制作します。また、本文フォーマットの制作の場合はこの段階である程度の方向性の決定をお願いいたします。

デザイン制作からフィニッシュへ

デザイン制作へと移行します。DTP作業が含まれない場合は、初回の流し込みをし、レイアウトの最終確認が完了したところで、入稿DATAを作成いたします。DTP作業をお引き受けする場合は、決定したフォーマットの手直しなど済んだのち、DTP作業へと移行します。図版、表組の作成も対応可能です。(別途料金が発生いたします。)

納品へ

納品DATAの制作へと移行します。DTP作業が含まれない場合は、そのままDTP会社へのパッケージされたデータを納品いたします。DTP作業をお引き受けする場合は、印刷会社への最終⼊稿データを納品いたします。データは、可能な限りご指定の形式でご⽤意いたします。印刷会社からの初校・⾊校チェックも対応いたします。修正や変更が発⽣した場合はその都度ご連絡くださいませ。最後まで責任をもって、対応させていただきます。