• Shoko Masuzawa

いつも発売日が楽しみでしかたがなかった。


いま思えば10代の頃、「小さな恋のものがたり」の

発売が待ちどおしくってしかたがなかった。


ページの中に散りばめられた詩から季節を感じ、

心の中にふわっと風が吹いてきたり、

冬の場面では窓の外はシンシンと雪が降って寒そうだけれど、

部屋のこたつでうたた寝しているチッチはぬくぬくで、


心が和んでほっとして…。

いつのまにか、自分もまるでチッチの同級生のように

チッチとサリーの恋の行方に一喜一憂していました。


その、わたしの愛すべき「小さな恋のものがたり」の


「チッチとサリー」ベストセレクション 2冊と

「小さな恋のものがたり 第45集」装丁担当しました。


初版、第45集にポストカードもついてます。こちらも担当。


長くデザイナーをやっていてよかった。


これからわたしは年を取ってしまいますが、

チッチは、永遠に高校生!ページを開けばいつでもやさしく迎えてくれます。

素敵な「小さな恋のものがたり」ぜひお手にとってご覧ください。












0件のコメント