• Shoko Masuzawa

まだまだ作成中。

WEBのリニューアルをはじめて一週間。

やってみると、こうしよう、ああしようという箇所が

思いの外増えてきてなかなか進まず。笑

まだまだ途中ですが、公開しました。


(WEB、たのしいねー)


本には触れる楽しみ、WEBには動く楽しみがあります。


触れるということ(触覚)は人間が生きていく上で

とても重要な行動のひとつ。

香り(臭覚)が忘れかけた記憶を思い出すための

手助けになることは有名ですが、触れ合うことでも

しあわせホルモンが分泌され多幸感がえられます。

動物に触れることで癒されるものそのひとつですよね。


本はものではあるけれど、友人にも、家族にも、

メンターにもなってしまう素晴らしいアイテム。


なぜなら本の中には制限なくストーリーが広がっているから。


例えばそのストーリーの中で、テーブルの上に果物があるという

単純なシーンでも、読み手の人生が少なからず反映して

最初に果物を頭の中に想像する人もいれば、テーブルを思い浮かべる人もいるわけで、

視覚の限定的な情報がない分、自由に想像力を掻き立ててくれる。

そしてそこには、少なからず読み手の人生が映し出されていたりする。


「あぁあのとき、こうしたほうがよかったのかもしれない。」


なんて、気づきもあったりして。


とにかく自分主導での時間の共有ができる。簡単にいうと豊かになる。

ほんとう素晴らしいアイテム。動きはしないけれど。笑。


本も、WEBも、いいところいっぱいあるんですよね。別物として。

それぞれのいいところ、吸収していきたいなと思っています。












0件のコメント

関連記事

すべて表示