• Shoko Masuzawa

アンパンマン描いてぇ〜!

いまは立派に成人した甥っ子が、まだ3歳ぐらいだった頃のことだ。


彼はアンパンマンが大好物だった。


裏が白地の広告をみつけては、その辺にあるペンを持って駆け寄ってきてはこういった。


「アンパンマン描いて!お母さんはかけないから〜。」


床に紙を広げて、うつ伏せになってほおづえをつきながら、

足をクロスに組んだくらいにして鼻歌まじりに待っている。


「はい。できあがり。」


そう言って渡すと、


「じゃあさ〜今度はおっきいアンパンマン。」


きょうも、始まった。


アンパンマンバリエ。


次はさ〜


わたしにとっては、恐怖のイニシエーション。


おおきいの!

ちいさいの!

笑っているの!

怒っているの!

飛んでるの!

アンパンチのやつ!


永遠に続く…。


それで気がすむと、今度はメンバーである。

バイキンマンはなんとなく描けたものの

しょくぱんまん、ドキンちゃんはうろ覚え…。


「なんかちがう〜。」


なんて言われつつ、お茶を濁す大人のわたし。


そのあとだった。


「でも、じょうずだね〜。ぼく、まだこどもだからさ、うまく描けないんだよね。」


え? 耳を疑うこの言葉。

子供が、自分のことを子供だっていうの、初めて聞いた瞬間でした。

できることもあるし、できないこともある。だって、子供だもん。


それでいいんだよ。


物騒な話も多い昨今、子供が子供でいられる世の中であってほしいなと思うのでした。